レーザーのシミ治療について

シミの治療方法は、シミの濃さや大きさで決まるものではない

シミの治療というと、何が思い浮かびますか?塗り薬や飲み薬、ピーリング、レーザーなどの方法がありますね。シミ治療の方法は、シミの濃さや大きさで決まるものではありません。シミの種類で分けるものです。

シミといって女性が気にするもののほとんどが紫外線でできた老人性色素斑ですが、これは大半がレーザーでないと改善しません。「飲み薬か塗り薬だけを使って、消えないまでも薄くしたい」という人が多いのですが、輪郭ができあがってしまった老人性色素斑は、小さなものでも飲み薬や塗り薬で薄くはなりません。

また反対に、「けがをした痕がシミになって残ってしまったからレーザーで消してほしい」などという要望もありますが、これは炎症性色素沈着ですからレーザーでは消えません。ピーリングがもっとも有効です。

つまり、どういう原因でできたシミかによって、治療を分けるのです。

美容系クリニックの料金システム

美容系クリニックは、保険診療の認可を受けていないところがかなりあります。保険診療を行うためには、クリニックを開設したときに保健所に届け出を行って認可を受ける必要があります。

ただし、レーザーやピーリングでの治療、美容整形手術などはほとんど保険がきかないので、初めから保険診療の認可を受けていないクリニックもあります。それはクリニックの良し悪しとは関係なく、あくまでクリニックの方針です。

レーザーの種類

レーザーとは、ある特定の波長の光を発する機械です。治療目的によって、いろいろな波長が用いられます。

たとえば、メラニン色素に作用する光はシミに対して、またコラーゲンに強く吸収される光はシワに対して用いられるといった具合です。

レーザーの種類によって、術後に腫れたり出血するものもあれば、そういうことがまったくないものもあります。

シミの治療に用いられるレーザーには、おもに左の表のようなものがあります。

レーザーの種類と特徴

ルビーレーザー

老人性色素斑、茶アザ(扁平母斑など)、青アザ(大田母斑)、タトゥーなどの治療に適する。

シミ療に用いられるレーザーの中ではもっとも代表的なもの。照射は一瞬で終わり、痛みも強くくありません(数cm以上の大きめのシミの場合は、テープ麻酔などいることがある)。

術後は照射した部分が黒くなり、1~2週間程度でその皮が剥がれていきます。洗顔とメイクは当日から可能ですが、患部を強くこすらないことが重要。1cmくらいのシミであれば、治療して翌日からメイクで隠して外出することができるでしょう。ルビーレーザーは現在、Qスイッチ付ルビーレーザーというものが主流になっています。従来のルビーレーザーよりもさらにエネルギーを集約したもので、肌へのダメージが少なくなっています。

ヤグレーザー

老人性色素斑、青アザ(太田母斑)の深いタイプ、タトゥーなどの治療に適する。
ルビーレーザーよりもエネルギーの強い光を発することが可能で、皮膚の深いところまで治療できます。

アレキサンドライトレーザー

シミ、タトゥーの治療、脱毛に適する。いろいろなものに広く効きますが、シミへの効果は、ルビーレーザー、ヤグレーザーに比べると若干弱めです。

レーザー治療後のケア

治療後のケアは、もちろんレーザーやシミの種類によって異なりますが、おおよそ以下のようになります。

5~20日間くらい、照射部分が黒くかさぶたのようになります。そこをこすらないように軽く洗顔し、洗顔後は塗り薬を塗ったり、保護用のテープを貼ったりします。上から軽くメイクして隠すことも通常可能で、ガーゼや包帯のようなものまでは必要としません。よって、翌日から外出することはできるでしょう。

ただし、ヤグレーザーで強い照射を広範囲に行った場合は、腫れたり出血したりということがありますので、ガーゼ保護を数日間行う場合もあります。

レーザー治療のリスク

レーザー治療のリスクとしては、以下のようなものがあります。

色素増強

一過性に色が濃くなる場合があります。深いシミやアザに対してレーザー治療をした場合に、ときとして見られます。
3か月くらい増強して、その後薄くなってくることが多いので、あらかじめそうなることを予測したうえで治療をする場合もあります。

炎症性色素沈着

レーザーは軽い火傷なので、その火傷痕がシミになることがあります。つまり、かけた部分のまわりが黒くなるのです。色黒の人、地肌が日焼けしている人は(知らないうちに焼けている人も含め)炎症性色素沈着を起こしやすいですし、またボディの皮膚にレーザーをかけた場合にも高率に見られます。

ただし、これは老人性のシミとは違うので、数か月で消えていくことが多く、日に焼けないようにして美白ケアを行っていくことが大切です。ピーリングを行うと、早く消えていきます。

炎症性色素沈着を絶対に起こさないでレーザー治療をしていくというのも実際難しいもので、「ある程度は起きても、それはアフターケアで消していけばよい」というくらいの姿勢でのぞんだほうがむしろよいでしょう。今あるシミをいったん別のシミに置き換えてから、消していくような感じです。

感染

治療後にばい菌が入って化膿してしまうというケースですが、実際にはまれです。普通に洗って薬を塗っていれば、通常は化膿しません。顔全体などの広範囲に照射した場合には、感染を防ぐための抗生物質の投与などを行います。

瘢痕

治ったあと、痕が残るというものです。顔のシミ治療の場合はほとんどありませんが、ボディに強い照射をした場合などは、皮膚の質感が変わるなどの痕が残ることがあります。

↓関連サイト↓

主婦稼ぐ.com